診療科目

外来診療担当表を見る 診療担当医のご紹介

> > 診療科目

地域の皆様の、健康の増進と福祉の充実のため、
内科を中心とした診療科目を受診いただけます。

当院では、よくお話をきいたうえで診察いたします。
患者さんのからだの事を知り、生活を知ることで、気軽にご相談いただける頼れるかかりつけ医を目指しています。
◎内科 ◎消化器内科 ◎糖尿病内科 ◎漢方内科 ◎循環器内科 ◎呼吸器内科
◎リハビリテーション科
を受診いただけます。また、各種ワクチン・プラセンタ・にんにく注射も可能です。
まずはお気軽にご来院ください。

内科

【写真】内科

一般的な感冒(風邪)、生活習慣病、軽い感染症などを対象に治療を行っています。風邪や頭痛・腹痛などの体調不良はもちろん、健康のことについて気になることがあればお気軽に内科を受診ください。病気やけがの原因を的確に判断し、患者様にもっとも適切な医療を受けていただくための科です。当院は入院施設も備えており、外来のみでは不十分な場合は入院加療を行うことも可能です。在籍する医師の専門分野の都合上、他院へご紹介となる場合もあります。

また、健康診断・予防接種も行っておりますのでお気軽にご相談ください。その他 痰、胸痛、息苦しい、むくみ、動悸、疲れやすいなどの症状の方が受診いただけます。健康診断・予防接種(ワクチン)のご案内

消化器内科

【写真】消化器内科

胃や大腸など消化器臓器胃痛や吐き気、下痢、便秘など、とても身近なお腹の病気を診療します。消化器とは、口から入った食物が肛門から排泄されるまでに通過する管(食堂・胃・十二指腸・小腸・大腸)およびその消化に関わる臓器(肝臓・胆嚢・膵臓)などの病気の診療に携わる科です。それぞれの症状や血液検査の結果を元に内視鏡・CT等の検査を行い、さまざまな消化器疾患の早期診断に努めています。

対象となる疾患は逆流性食道炎や胃炎、肝炎、胆石症等の良性疾患から食道・胃・大腸癌や肝細胞癌・膵癌・胆のう癌等の悪性疾患まで様々です。出来るだけ苦痛のない検査を心がけています。胸やけ・嘔吐・下痢・腹痛などの症状はもとより、身体のだるさ・お酒が弱くなった・便に血が交じるなど気になることがあればご気楽にご相談ください。

糖尿病内科

【写真】糖尿病内科

動脈硬化を促進する糖代謝異常の外来、内分泌疾患(甲状腺ホルモン異常ほか)、高血圧、高脂血症の診療を行っています。当院では定期的に動脈硬化検査を行い、大血管障害の予防と早期発見に努めています。糖尿病の代表的な疾患である生活習慣病に対して専門的な診療を行います。生活習慣病は、食生活や運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気の総称ですが、生活習慣病の種類分けに明確な定義はありません。

長年の生活習慣が原因となって引き起こすさまざまな病気です。不安を感じたらまずはご相談ください。

担当医 馬場医師から皆さんへ

いままでの糖尿病医療は血糖値が高く、細胞に栄養がいかなくなり、痩せていくというものが多かったのですが、現代の糖尿病はエネルギーを身体に貯めすぎた為「肥満や脂肪肝というものを持った状態で基盤に糖尿病を持っている予備軍である」という人が増えています。年齢にかかわらず「糖尿病」にかかったり、生活習慣病にかかる方が増えています。生活習慣病はなによりも予防が大切です。当院では健康教室をはじめ、あらゆる方に予防に対する情報をお伝えしています。地域の皆さんが健康でいていただけるよう、ホスピタリティの高い病院を目指していますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

糖尿病専門医 馬場医師のご紹介

漢方内科

『お薬の治療はちょっと抵抗ある』、『漢方だったら受けてみたい』という方は少なくないと思います。実際、軽症の場合で漢方のみにて症状が緩和できることもあります。もちろん、西洋薬でしか治療できない病、西洋薬と漢方を一緒に使うことをお勧めする事もあります。漢方の治療に関しても、治療方法をご説明させていただいた上で、
患者さんのご希望、ご相談に応じた治療を行っております。

漢方薬の特徴

一つの漢方薬は数種類から十種類の生薬からなり、個々の生薬の薬効(やくこう)が組み合わさって効果を発揮しています。今、私たちが服用しています漢方薬は漢方エキス製剤(かんぽうエキスせいざい)と言われ、煎じ薬を精製した粉薬からできています。漢方では患者さんの病状の違いによって、現代医学では同じ病名ではあっても使用する

漢方薬が異なります。例えば、「慢性気管支炎」には何種類もの病型があって、それぞれの病型に応じて異なった漢方薬を使用して治療しています。漢方では、個々の病型を適切に診断することが最も重要になってまいります。

循環器内科

心臓と血管、脈拍を専門とし、循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風、高尿酸血症など)の診療を行っています。生命の源である「心臓」とその心臓から送り出す力というべき「血圧」、更に心臓と全身の臓器や組織でつないでいる「血管」を主体に診療をします。血管は全身にめぐるため、体のあらゆる不調に対する診療またはオピニオン(意見・見解)が可能になります。疾患名としては、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)、不整脈、心筋症、弁膜症、先天性心疾患、心不全、上下肢動静脈疾患、高血圧などや、それらのリスクとなる生活習慣病の指導も行います。

呼吸器内科

呼吸器疾患全般の診療を行っています。呼吸器疾患は、咳や痰、胸痛、呼吸困難といった症状を引き起こします。これらの症状は、気管支炎、気管支喘息、気管支拡張症、肺炎、 結核、肺腫瘍、肺がんなどさまざまな要因が考えられます。咳が続いたり、肺のあたりが痛んだり、呼吸が苦しいなど、呼吸器系の不調を感じましたら、ご相談ください。

リハビリテーション科

【写真】リハビリテーション科

理学療法士・作業療法士が、患者さんお一人おひとりに最適な在宅復帰のためのリハビリテーションをご提供します。入浴動作、バスへの乗り降り、洗濯物を干す、取り込むなどの生活に必要な動きが…など「元の自分の生活がスムーズにできるよう、それ以上になれるよう」サポートさせていただきます。

当院のリハビリテーションは
こちらからご覧ください

診療時間

外来診療担当表を見る 診療担当医のご紹介

月曜日〜
金曜日
午前 9:00〜12:30
午後 14:00〜17:30
土曜日 午前 9:00〜12:30

休診日は、日祝日・土曜日午後です。
当院の入院体制、面会などについては
こちらからご覧ください

自由診療(保険適用外)も受診可能です。

保険外診療

プラセンタ療法

「プラセンタ」とは、「胎盤」のことを意味します。
「胎盤」は、受精から出産まで、おなかの中の赤ちゃんに栄養を提供する為の臓器です。同時に、人間に必要な栄養素の全てが兼ね備えられているといえる、「栄養の塊」でもあります。胎盤は、1個の受精卵を、わずか10ヵ月の間に、約3kgまでに育て上げる、驚異的な働きを持ちます。また、受精卵を赤ちゃんに成長させる為の各種の成長因子や栄養因子を提供し、細胞が分化する過程で異変を起こした細胞を取り除く働きもしています。

この「胎盤」から精製したプラセンタエキスを注射や内服などで身体に取り入れ、胎盤の持つ様々な効果を期待する治療法を「プラセンタ療法」と呼びます。プラセンタエキスを取り入れることによって、身体を若々しい状態に戻していく治療法です。また、プラセンタ療法は、副作用が限りなく少ないのも特徴です。

なぜ、プラセンタは体にいいのか

プラセンタ(胎盤)は妊娠期間中継続して様々な整理活性物質(アミノ酸・ミネラル・ビタミンなど)を合成し、この栄養素を胎児に与え続けます。他の臓器や組織が含んでいない様々な活性物質を総合的に含んでいるのです。卵子と精子というたった二つの細胞が40兆以上の細胞のかたまりである人間になるのです。細胞の増殖、分化、細胞機能の発現を制御し、自然治癒力・免疫機能全体のバランスを調整・回復します。

プラセンタ療法の特徴について

プラセンタ療法は下記のような様々な疾患に効果が見込まれます。

  • 疲れ、不眠、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性、しもやけ
  • 更年期障害(各種更年期障害の症状が消失、約70%に有効。閉経後数年経た婦人に一時的に月経が再開する事も希ではない。)
  • 自律神経失調症
  • 月経困難症(各種治療に抵抗した例の70%に有効)、生理不順
  • アレルギー疾患(アトピー、喘息、リウマチなど)
  • 肝機能障害
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 免疫強化作用(風邪をひきにくくなる)

にんにく注射

アリナミン、ビタミンB・C群を中心にグリチルリチン、L-システインなどを配合した静脈注射(ビタミン栄養注射)をご提供する事が可能です。下記の症例の方へおすすめしています。

  • 疲れが溜まっている方
  • 体がだるい、重いと感じている方
  • 風邪気味の方
  • 肌荒れが気になる方、お肌のケアをしたい方
  • 忙しくてなかなか休みが取れない方
  • 寝ても寝ても疲れが取れない方
  • 2日酔い、飲み会が続いてる、これから飲み会の方
  • 夏バテ予防

是非日々の健康管理にお役立てください。週1回程度メンテナンス注射をおすすめしています。
注射だけでのご来院も可能ですのでお気軽にご相談ください。

ページ上部へ